リンネル 2019年11月号付録のネストローブ 手ざわりのよいスウェード風2wayトートバッグをレビュー!

広告
本・ふろくレビュー
この記事は約4分で読めます。
広告

こんにちは!やぴ子です。
秋も本格化してきて、洋服もすっかり秋の色のものが出てきました。
ともすれば、夏から秋の初めに活躍しているバッグだと、ちょっと雰囲気が合わなくなってきました。
秋の服に合うバッグが欲しくなってきました。
そこで!今回はそんな秋のファッションにバッチリ合う、
リンネル11月号の付録のレビューです!

雑誌本紙の中に挟む形で、
薄めのダンボールに入っています。
箱表面のビニールには
商品に関する問い合わせの連絡先が
書かれています。
広告

リンネル11月号開封!中身の折りたたみ状態など


明けた直後。大きな変形をしないように、
本体が箱に収まる程度に畳まれています。
着脱可能なショルダーストラップが
上にセットされていました。
乾燥剤が一つ入っていました。
広げたところです。
折り目はそれほど付いておらず、
心配していたような折跡はありません。
取って部分も最初はクシャっとなって
いますが、ムッチリ肉厚なつくりのため持って使っていれば気にならなくなるでしょう。
本体裏側。縫製用の縫い糸くずがついていましたが取れば大丈夫でした。
上の画像には斜め線が入っていますが
スエードの起毛の流れなので、
この後手で毛流れを整えたら
消えました。
広告

基本スペック

  • 発売日 2019年9月20日
  • 価格・・・9月30日まで定価1000円(税込)
  • 素材・・・スエード調合皮
  • サイズ(約): サイズ(約):縦22×横33(最大)×マチ12cm
広告

各部分特徴

ストラップの金具の部分です。
製品版のようなどっしりした大きな金具です。
長さは調節可能です。
本体開口したところです。
口の部分はスナップボタンへ
留めるようになっています。
外見の起毛スエード調とは異なり、つるつるとした合皮の生地です。
ポケットはありません。
底の部分です。
しっかりした厚みがあります。
バッグ中央のエンブレム。
大きさは縦の長い直径が約6.4㎝。
立体感のある凹凸加工がされています。
良いワンポイントになっています。

そして、今回気になっていたのが、「iPad Pro 12.9インチ」を入れられるかどうかです!リュック以外に、気楽に持ち出せるバッグが欲しかったのです。さて、その結果は・・・

 iPad Pro を縦に入れてみましたところ。
このように少しはみ出ます。
スナップボタンは留めることができませんが、
出し入れはスムーズです。
 iPad Pro を横に入れてみたところ。
ややはみ出ます。底にむかって横幅が狭まっているため、
底まで iPad Pro を入れるには
少しずらしたりする必要があります。

結論としては iPad Pro12.9 は少し出っ張るものの入れられますが、入れて使わないほうが良いです。

広告

そのほか、追加事項

本体を立たせてみたところ、やわらかい素材のためか、本体がまっすぐには立ちませんでした。肉厚な手提げ部分の重みの影響もあります。

モデルさんの見本と比べると、完全なふっくらとしたシルエットにするのは少し難しいように感じました。 ただ、折シワなどはほとんど無く、柔軟性があります。
中にポケットなどはありませんので、バッグインバッグを使うなどをして仕切りを増やすとより快適に使えますね!

とにかく表面の手触りが良い!クセになります。

ショルダーストラップを最長にしてみたところ、かなり長くできました。
157センチの私が最長にすると、手提げ持ち手が腰骨から下10cmに位置しました。長身さんにも安心して使える長さまでカバーできます。

広告

最終評価

最終的な評価を星五段階でおさらいします。

見本と現物の差異は無いか度・・・★★★★☆
本体糸が付いているところがありましたが、取れば関係ありません。
中身が空の状態で自立するのは難しいですが、中身を入れて使用するとちゃんとふっくらした本紙モデルと同じフォルムになります。


私の現物の形歪みについて。
縫製も丁寧で、ワンポイントのエンブレムも斜めになったりしていませんでした。

オススメ度・・・★★★★☆

個人的にはアイパッドプロ(12.9インチ)が入ればよかったなと思いましたが、アイパッドを失くせばかなり絶妙な容量で、大きすぎず小さすぎないサイズ感です。
ポシェットよりもうちょっと入れたいお出かけにぴったり。水筒を入れても余裕がありますが無駄に大きすぎないので合わせる服も苦労しないですね!

これから色んな服にガンガン合わせて使っていきたいです!

ブログ村参加中!応援ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました